ニュースレター

 

ジア文化交流ニュース

当法人では千葉の国際交流・多文化共生に関する情報を交換し、交流の輪を広げたいという思いから、ニュースレター「月刊アジア文化交流ニュース」を創刊しました。当法人以外の国際交流・多文化共生に係る活動も積極的にピックアップしていきます。定期購読会員募集中です。年会費4,000で毎月ニュースレターをお届けしています。購読をご希望の方は、当法人までお気軽にご連絡ください。

                         ~創刊のことば~

 IMG

    NPO法人 アジア文化交流会

会長 江口一雄

八千代松陰学園理事長・元衆議院議員

    国際交流・多文化共生をより広く活発に

グローバル化の中で、千葉県はアジア諸国からの外国籍県民が急増しています。しかし、異文化間の交流が円滑にいかず、日本に馴染めない方々が少なくありません。また、日本社会に外国人を受け入れる文化がないことも指摘されています。そこで、在日外国人に日本の文化を理解していただき、日本社会にもアジア諸国の文化を理解できるようアジアと日本の交流の機会を作るため、昨年9月、アジア文化交流会を設立いたしました。千葉で暮らす外国籍の方々と日本人が共生でき、安全で安心して暮らすことができる世の中とするため、微力ながら皆様と共に取り組みたいと思っています。                                                                 そのような中で、このたび、国際交流、多文化共生を目指している多くの皆様とより広く活発に交流するため、ニュースレター「アジア文化交流ニュース」を創刊する運びとなりました。異文化間の相互理解の一助となるよう努力しますので、是非、ご愛読いただければ幸いです。 

 

創刊号(1~2ページのみ抜粋/全8ページ)体裁/A4白黒8ページ

注)実際のニュースレターは白黒です。レイアウトやフォントは実際と多少異なります。

CONTENTS…                                                      ニュース、創刊のことば・・・・・・p.1、2                             インタビュー「国境越えた共通理解を」                             土屋津以子・千葉日ロ協会会長・・・・・・p.3                         日本 もっと素晴らしい国へ」フィリピン人妻の会                          副会長・近藤イメルダさんに聞く・・・・・・p.4                          映画紹介、イベント案内・・・・・・p.6、7

<1ページ>

合言葉は「世界は一つに」

 第7回ワールドフェスタin幕張

  幕張新都心二十周年の記念イベント「春のカイマク祭」は5月15、16日、海浜幕張駅前南口ロータリー、プレナ幕張二階、神田外語大などを会場に行われた。「世界は一つに!」を合言葉にした「第七回ワールドフェスタin幕張」は「カイマク祭」を構成する祭りの一つで、16団体が参加。開会の挨拶では、小池よね子美浜区長が「多様な民族衣装や、踊りを通して大きな花を、幕張から世界へ咲かせましょう」と呼びかけ、参加団体の支援にも謝意を表した。

 同駅前南口ロータリーでは武田彰朗さんが和太鼓を打ち鳴らし、オープニングを飾った。市川楽舞連、チーム利ゑ蔵、飛翠迅の3チームは軽快なステップを踏んで、よさこい総踊り・どっこいしょを踊った。青少年メンバーたちのダイナミックな動きに観客が歓声を上げる場面も。また、千葉寺千瀧太鼓からは五人のメンバーが出場し、研ぎ澄まされた音色を会場に響かせた。

参加団体の中で、唯一、大学生だけで構成された城西国際大学異文化P5160610研究会。「世界のファッションショー」で、部員たちは米国、中国 、韓国、べトナム、グアテマラなど多様な国々の民族衣装を身に着け、異文化理解の重要性をユニークにアピールした。使った衣装は現地で購入したものであるという。代表を務める中村夏生さん(メディア学部・3年)は「今回のコンセプトは『エンジョイ、スマイル』です。大勢の方に色々な国を知ってもらいたい、各国の文化を伝えたいという思いで活動しています」と話した。

終盤には越中おわら節の舞踊が披露された。ラスト           P5160619                                              にオフコース・小田和正トリビュートバンドのJU        NK-TIONが「ラブ・ストーリーは突然に」、「た しかなこと」などを演奏した。ボーカルのまさひろ さんの歌声に多くの人が聞き入っていた。

 

 

<2ページ>                                              

 

新たな友情と平和条約を

日露戦争ロシア人死没者慰霊祭

 千葉日ロ協会は6月3日、日露戦争当時に死没した34名のロシア兵の慰霊祭を船橋市習志野霊園(船橋市習志野2丁目5-9)で開催し、ベールイ駐日ロシア大使、陸上自衛隊第1空挺(くうてい)団副団長の沢畠博1佐ら約40人が献花した。日露双方の参列者たちは「両国間に新たな友情と交流を生み出そう」と誓い合った。習志野捕虜収容所のロシア兵慰霊祭は日露戦争後初めて。アレクサンドルネフスキー教会のニコライ神父はソ連軍人戦没者慰霊の石碑の墓前で10分間程度、聖水の儀式と祈祷をした。荒木勇・習志野市長は「戦争という悲しい歴史を乗り越え、慰霊祭が両国の平和と友好を深め、異国の地で望郷の思いを胸に亡く