定款(抜粋)

定款(抜粋)

 

第1章  総則

(名称)

第1条 この法人は、特定非営利活動法人アジア文化交流会と言う。

(事務所)

第2条 この法人は、事務所を千葉県千葉市中央区に置く。

 

 

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条 この法人は、千葉県民及び千葉県在住外国人に対して、国際交流・語学講座・料理教室・文化講座・国際親善・国際支援に関する事業を行い、多文化共生社会推進とアジア地域の平和の促進に寄与することを目的とする。

 

(特定非営利活動の種類)

第4条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

 (1)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

 (2)まちづくりの推進を図る活動

(3)人権の擁護又は平和の推進を図る活動

(4)     国際協力の活動

(5)     職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

 

(事業)

第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行う。

(1)アジア地域からの留学生又は在日外国人との国際交流事業

(2)語学教室・料理教室、文化教室など文化教育事業

(3)講演会、観劇会、旅行会などの文化活動事業

(4)在日外国人に対する雇用機会の拡充支援事業

(5)その他第三条の目的を達成するために必要な事業

 

 

第3章 会員

(種別)

第6条 この法人の会員は、次の三種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という)上の社員とする。

  (1)正会員  この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体

  (2)賛助会員 この法人の目的に賛同し、活動の支援をするため

   に入会した個人及び団体

 (3)一般会員 この法人の目的に賛同し、活動に参加・利用するために入会した個人及び団体 

 

(入会)

第7条 会員の入会については、特に条件を定めない。

2 会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとし、理事長は、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。

3 理事長は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

 

(入会金及び会費)

第8条 会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

 

(会員の資格の喪失)

第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1) 退会届の提出をしたとき。                             (2) 本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。

(3) 継続して1年以上会費を滞納したとき。

(4) 除名されたとき。

 

(退会)

10条 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

 

(除名)

11条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

(1) この定款等に違反したとき。                        

(2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をした 

     とき。

 

(拠出金品の不返還)

12条 既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

  

附 則                    

 この法人の設立当初の入会金及び会費は、第8条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。

(1) 入会金 正会員:1,000円  賛助会員:1,000円

(2) 年会費 正会員:12,000円  賛助会員:12,000円/1口